HOME > 自然災害見舞金

自然災害見舞金

共済の目的(建物・動産)が、風水害等により20万円以上の損害又は床上浸水を被った場合には、以下の見舞金の支給対象となります。
風水害等見舞金
床上浸水 共済金額×1.0%(1災害 1万円限度)
一部損 共済金額×1.0%(1災害 1万円限度)
半損 共済金額×2.5%(1災害 5万円限度)
全損 共済金額×5.0%(1災害10万円限度)
共済の目的(建物・動産)が、地震等により半損以上の損害を被った場合には、以下の見舞金の支給対象となります。
震災見舞金
半損 共済金額×2.5%(1災害 5万円限度)
全損 共済金額×5.0%(1災害10万円限度)

 なお、自然災害見舞金の申請には、原則として関係官署が発行する、り災証明書(原本)又は被災証明書(原本)が必要となります。
被災の日から3年以内に組合に申請してください。

自然災害見舞金は、共済事業の計算基礎に及ぼす影響を勘案し、その影響の程度に応じてお支払いするもので、見舞金のお支払いをお約束するものではありません。
見舞金の支給は、共済期間中に種類(風水害等見舞金又は震災見舞金)ごとに1回を限度とします。
建物に付属する門、塀、垣、カーポート等の付属工作物や物置、納屋等の付属建物に対する損害は除きます。
地震又は噴火による津波を原因とする水害等の損害は、震災見舞金の支給対象となります。
お申し込みはこちら なごや市民火災共済 勧誘方針 個人情報保護方針 反社会的勢力への対応に関する基本方針